トップページ > ビタミン辞典 > ビオチン

ビオチン

【作用】

1、脂肪酸の育成、アミノ酸の代謝に関与
2、核酸の形成を補助
3、糖新生(ブドウ糖のリサイクルを促す酵素)の補助

生命を維持するのにかかせない補酵素である。


【一日の所要量】

*成人 45μg


【欠乏症】

*白髪、脱毛、湿疹あるいは炎症など皮膚症状
*結膜炎
*筋肉痛
*疲労感
*食欲不振
*味覚異常
*血糖値上昇
*不眠
*神経障害

欠乏症に陥る可能性はほとんどないが、生卵を食べ過ぎで欠乏することも。


【多く含む食品】

*酵母
*レバー
*豆類
*卵黄
*カリフラワー
*マッシュルーム
*牛乳
*くるみ

ビオチンの利用効率は食品によりかなり異なる。
特に、小麦中のビオチンはほとんど利用されない。








 

Copyright © 2005 入門!サプリ☆健康食品ガイド. All rights reserved