トップページ > 病気・症状の改善が期待できる成分

病気・症状の改善が期待できる成分

さまざまな病名や症状に摂取すると良いとされる成分、食品をご紹介します。

病気・症状の改善が期待できる成分一覧

にきび予防・大人ニキビがひどい
思春期にできるニキビは、皮脂腺が詰まってできる。 20歳以降にでいるニキビは、角質層が厚い・皮膚の新陳代謝が弱い場合、正常ではない場合にできる。 原因として、ス...
眠れない・寝つきが悪い・不眠・不眠症
過労やストレス、うつ病といった原因によって、寝つきが悪く、不眠症になるといわれる。また40歳代から「メラトニン」というホルモンが減少し、不眠症になりやすくなる。...
ダイエット・体脂肪を減らす・体脂肪を燃焼したい
体脂肪は、余分なエネルギー摂取が原因。 脂肪細胞は、常にエネルギーを貯え、飢餓からカラダを救う役割をもっている。 体脂肪を減らしダイエットするには、よく噛んで食...
低血圧がつらい・低血圧を改善したい
低血圧は、大きな病気に進行することが少なく、高血圧とは違い比較的安心であるが疲れやすい、立ちくらみ、頭痛、冷え性、食欲不振、不眠、だるさ、動悸などが伴う場合が多...
太りやすい・すぐ太る体質を改善したい
太る原因は、エネルギーの摂取がエネルギーの消費を上回ることがおおきな要因。 遺伝子によって太りやすい人がいることも事実。 健康的にやせるためには、適度な運動、規...
不妊症・不妊ぎみ・妊娠したい
一般的に不妊症といわれるのは、避妊をせずに2年以上妊娠しない状態のことをいう。 要因はさまざまなことがあり、男女半々の確立でおこる。 ストレス、冷え、喫煙習慣、...
ED・勃起不全・勃起障害
以前は、「インポテンツ」と呼んでいたED・勃起不全・勃起障害。 日本人男性の40〜70歳の50%以上がED・勃起不全・勃起障害であるいう調査結果がある。 血液の...
前立腺ガンを予防・前立腺ガンが心配
日本で発症がたいへん増えている前立腺ガン。 原因は明らかではないが、近年増えているという事実から欧米型の食生活が要因のひとつと考えられる。 一般的に、前立腺ガン...
ガン予防・ガンが心配・ガン細胞の活性化を防ぐ
ガンは?本人の死亡原因の第一位。 生活習慣病の一種といわれ、食事や運動、睡眠、喫煙などの生活習慣が関与する。 抗酸化作用のある食品を多く取り、食生活をバランスの...
フケが多い・フケ症・フケを防ぎた
フケは、頭皮の細胞が剥がれ落ちたものである。 皮脂の分泌、新陳代謝が盛んな30代までの人が多い。 洗髪は、1日1回が目安。洗髪(シャンプー)が多いと皮脂の減少、...
アレルギーがつらい・アレルギー症状を軽く
アレルギーは、カラダを守る抗体が抗原に対して過剰に反応した状態、過敏に反応する症状。 アレルギーをおこす抗原(アレルギーの原因物質)を摂取、摂食、接触することを...
薄毛・抜け毛・ハゲ対策
薄毛・抜け毛は、遺伝的な男性ホルモンや精神的なストレス、強い紫外線、ヘルメットを長時間かぶる、汗やほこり、睡眠不足、血行不良などさまざまな進行要因がある。 1日...
生理痛・月経痛
生理痛・月経痛は、出産前の若い女性に多い。 生理痛が月経の後半にさらに痛む場合は医師の診察を受けること。 カラダを冷やさないよう普段の生活から(特に足腰)気をつ...
うつ病ぎみ・うつ症状・気持ちが沈む
脳内で働く「セレトニン」「ノルアドレナリン」という物質が不足するとうつ症状がおこるといわれている。 「うつ」は、決して珍しい病気や精神的に弱い人だけが患う病気で...
ストレス解消・ストレスがたまりやすい
ストレスを受ける原因を取り除くことができるよう仕事や環境、生活習慣を見直す、深く考え込まない・考え方を楽にするなど、切り替えができることから工夫いていくことが大...
口内炎・口内炎が頻繁にできる
睡眠不足・疲れがたまっている・ストレス・ビタミン不足などの生活習慣を改善すること。 栄養のバランスがとれた食事をとる、うがいを1日数回する、辛いものなど刺激の強...
水虫がひどい・水虫を改善したい
水虫は、「白せん菌」によっておこる。 完治には半年から1年が必要なる。 一見治っているように見える場合もしっかり完治するまで治療を続けることが重要。 患部を清潔...
胃痛・胃の不快感
胃痛・胃の不快感は、胃酸、胃粘液による弊害が主な原因。 また、ストレスや薬、アルコールの取りすぎ、暴飲、暴食、不規則な食生活、喫煙なども大きな要因となる。 胃の...
腰痛・腰の痛みが頻繁におこる
腰痛といっても症状・原因はさまざま。 こちらでは、比較的軽い腰痛症状の場合について言及したい。 腹筋・背筋をきたえるために軽いウオーキングや体操、腰の負担が比較...
シミが目立つ・シミを防ぐ
シミは、肌を紫外線の害から守るためつくられるメラニンが部分的に増え、色素が沈 着した状態。 通常は、ターンオーバー(肌の再生)によってメラニンの量をコントロール...
肩こりがつらい・肩こりを和らげ解消したい
肩こりは、長い時間、同じ姿勢を続けると筋肉の緊張→血行不良→肩こりとなる。 こまめに肩をまわしたり、ストレッチなどをすることによって血液の循環を良くするよう心が...
間接の痛み
間接の病気は、変形性関節症(間接でクッションの役目を果たす軟骨が磨り減った状態)と間接リウマチが代表的。 間接リウマチは、抗リウマチ薬の効果がとても良くなってい...
頭痛がつらい
ストレスや飲酒、環境の変化など、頭痛の原因はさまざまである。 市販の鎮痛剤で改善しない場合、症状が悪化している場合は、疾患があることも考えられるため、医師の検査...
目の疲れ、目のかすみ
40歳代の3人に1人が白内障といわれ、日本には約1000万人の患者がいると考えられている。 パソコンをはじめとするOA機器によっておこるドライアイや眼精疲労、目...
花粉症がとてもつらい・花粉症を予防したい
たばこやお酒の飲みすぎは、のどや鼻の粘膜の防衛する力が低下するため極力さける。 花粉の飛散が始まる数週間〜1ヶ月前(症状が1度でるとさらにおきやすくなる為)から...
魚が嫌い
調理方法を工夫するなど食べやすくすることが重要。 魚には、カラダに有効な脂肪酸が含まれており、不足または、バランスが悪くなるとアレルギーや炎症がおこりやすくなる...
風邪をひきやすい・風邪を予防したい
手洗いやうがいを行うことで風邪の主な原因、ウィルスを体内に入れない工夫が第一。 ウィルスが体内に侵入することを防ぐ抗酸化物質(ビタミンC・E)や免疫力を高める亜...
むくみが気になる
むくみには、ミネラルバランスが大きく影響している。 塩分を多く摂った場合やアルコールを飲みすぎた翌朝は特にむくみを起こしやすい。ナトリウムが多いとミネラルとのバ...
冷え性がつらい
冷え性の敵である運動不足を解消し、毛細血管の血流がよくなると改善される。 たんぱく質は体温上昇に不可欠であり、鉄分の摂取にも注意が必要。 女性の場合、ダイエット...
すぐイライラする、おちつきがない、集中力がない
栄養バランスのとれた食事をすることが重要。甘い食品・清涼飲料を飲むことによる一時的な血糖値の上昇とその後の急低下は精神状態の不安定を招く。 食事による精神状態へ...
貧血ぎみ
貧血は、血液の成分、赤血球やヘモグロビンが少ない状態。 めまいをはじめ、疲労感、息ぎれなどの症状がおこる。 このような症状が頻繁におこる場合は、内臓に疾患や出血...
肌あれが気になる
毎日約2リットルの水を飲み、水分補給をすることが重要。 加齢とともにコラーゲンの生成が衰えるために肌あれの原因となる。 紫外線(UV)対策と活発な新陳代謝を促進...
便秘・下痢などおなかの調子がよくない
自律神経のバランスが崩れている場合が多く腸の不調が要因。 自律神経は、精神的な緊張やストレスなどが影響している。 食物繊維が豊富なバランスの良い食事、適度な運動...
骨が弱い・骨粗しょう症が心配
高齢者を中心に年間10万人がちょとした転倒が原因で骨折すると言われている。 骨量は、30歳代をピークに閉経後に急激に減少する。 簡単に折れない骨づくりを意識し、...
アンチエイジング(加齢を防ぐ)
カラダの無数の細胞が再生を繰り返す際、変性していくことが老化である。 老化にはフリーラジカルや活性酸素によっておこる細胞へのダメージが影響している。そのフリーラ...
更年期症状がつらい・気になる
のぼせ・ほてり、発汗・冷え・頭痛・不眠・イライラ・腰痛・不安・疲労など さまざま症状がみられる更年期の症状は、女性ホルモンの減少が主な原因とされている。 大豆イ...
口臭を予防したい
虫歯予防や歯ぐきの健康を保つことが重要である。 食後、すみやかにブラッシング(小刻みなストロークでやさしく5〜10分)やフロス(歯間を掃除する糸)などを使い口腔...
喫煙習慣がある・タバコをやめられない
喫煙によってビタミンCが減少する ビタミンC...
お酒をよく飲む人
肝臓に何らかの問題がおこることが多いので定期的な健診は必ず行う ことが重要。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、自覚症状がなく病気が進行 することを十分認識し注意すること...
血糖値が高い
糖尿病が発症しないように食生活、生活習慣の見直しが急務。 医師による指導を忠実に実行し、必要であればサプリメントを使用 (医師に報告)する。 桑の葉・ギムネマ・...
高血圧
塩分の少ない食事・禁煙・適度な運動・太りすぎの改善などの生活習 慣の見直しが第一。 カルシウム・マグネシウム・ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸・ にんにく・り...
疲れる・疲れやすい・疲れがとれない
肝臓をはじめとる内臓に病気が隠れている可能性があるので定期健診は必ず行うことが重要。病気ではない場合にサプリメントを使用できます。 ビタミンB群・コエンザイムQ...

入門!サプリ☆健康食品ガイド項目一覧

ビタミン辞典
葉酸 ビオチン パントテン酸 ナイアシン ビタミンB12   ....More
ミネラル辞典
 マンガン ナトリウム セレン カリウム   ....More
サプリメントを利用する際の注意点
サプリメントとは、 サプリメントの摂取の仕方 水溶性のビタミン、脂溶性のビタミン 化学合成と天然のサプリメント メリットとデメリットは・・・   ....More
病気・症状の改善が期待できる成分
にきび予防・大人ニキビがひどい 眠れない・寝つきが悪い・不眠・不眠症 ダイエット・体脂肪を減らす・体脂肪を燃焼したい 低血圧がつらい・低血圧を改善したい 太りやすい・すぐ太る体質を改善したい   ....More
特定保健用食品
特定保健用食品   ....More
栄養機能食品
栄養機能食品   ....More
相互リンク募集中
只今、相互リンクを募集しています。   ....More
厳選リンク集
ラクラク生命保険選び 特保!特定保健用食品館 東横イン かんたんホームページ制作更新システム 胃潰瘍もわかる あるある大胃典   ....More
利用規約
利用規約   ....More







エステ脱毛結婚相談
FX税理士
司法書士社労士
ホームページ作成医療専門学校
身上・浮気調査
 

Copyright © 2005 入門!サプリ☆健康食品ガイド. All rights reserved